ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

消費税増税後の世界
消費税を増税するか否かの決断をする時期が迫ってきました。
数値を見る限り、景気は明るい兆しがあるようですが、
増税前の駆け込み需要を考慮するとどのようなものでしょう。

いずれにしても増税するしかない方向に動いているようですが。。


消費税は増税、法人税は減税で景気対策を行って
マイナスリスクをカバーするとのことです。

まぁ。。ちょっと難しいのではないでしょうか。
給料が下がり続け、税金は他のものも含めて上がり続けています。
可処分所得は相変わらずの減少。
高齢者の負担も続々と出てきているので、実態上にマイナスな影響を与えるでしょう。
先行き不安感から、一層の買い控えが生まれるでしょう。

ただでさえ、少子高齢化人口減少が進んでいて所得も減少。
そのような中、設備投資をやるのでしょうか?

日本国内に限って目を向けると、明るい材料が少ないような気がします。
オリンピックの話題も、今は収束に向かい将来的にまた話題になるでしょうけど。


民主党の日経平均9000円時代には、生活費を除いて
ほぼ100%金融資産にしていました。
アベノミクスで90%程度。
今は、80%程度。

年内は、70%程度にする方向で動きます。
いつもながら、下げたら買いの調整は続けていきますが。

国内売上比率が高めの企業は、優先的に売却。
海外売上比率が高めの企業は、多少保持。場合により追加。

わりとキャッシュリッチな状態ではありますが、
ポジポジ病をこじらせないように気を付けていきたいと思います。

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

久々にキャッシュ率が高め
今週は予想に反して、日経平均がとても力強かったです。

アメリカのQE3も延長されたので、リスクを取ろうとする気持ちが
高まったのかもしれませんね。

と同時に、インフレが気になるところです。
株高位なら、良い面が多いのでしょうけど
資金が不動産に流れて、価格が上がると住む場所を失う人・・
食事ができな人が出てきてしまいます。


食べ物が手に入らないと、暴動などにもつながるので、少し警戒が必要ですね。


ということで、中期では下げな方向という考えでいます。
そのため、売却を。

調整のための日経平均は8割ほど売却しました。
その他
1324 ロシア指数        を131 × 700 で売却。
6284 日精エー・エス・ビー機械 を1,763 × 100 で売却。
6586 マキタ          を5,834 × 100 で売却。

1324 の利益で、大体10万円
6284 の利益で、大体14万円
6586 の利益で、大体36万円
60万円程度の利益を確定させました。

売却を考えたときに思ったのが、全体的に株価が高い。
マキタ等も、買った当初は20万円少々。
今は58万円です。

今だったら、買わないだろうなぁと思い売却しました。
他の利益が大きく出ている銘柄もそうなんですよね。

コツコツ買い続けてきましたが、もしかすると保有株を大幅に減らすかもしれません。

株価が安い時期を長く過ごしたからか、今の水準が高いように思えて仕方がないんですよね。


倍くらいに上がっているのを中心に、売却を検討したいと思います。



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

小さな山場での利益確定
オリンピック決定に伴い、日経平均は大幅な上昇を迎えました!

目先の上昇はともかく、今後は下落リスクのほうが高いと思い
14500円くらいで利益確定を実施。

含み益十分で満足しているからか、
ここ最近の取引はいい流れが来すぎています。

消費税が確定までは下げ。
増税が確定したら、しったらしまいの格言通り上がるものと
目先は想定しています。

下げてきたら買いたい銘柄を探し中ですが、
なんともピンと来るものがなく・・
銘柄の引きが悪いのと、時間的に短いのが要因かと思いますが。


あわせて、アメリカ株についても学んでいます。
とは言いながら、私もいい年齢なのでそろそろマンションでも買おうかという
気持ちも入り混じりつつ。

東京だったら、まだ人口も減らないから地代も下がらないでしょうし
親がいつまでも健在というわけにはいかないですし。

独り身がいいというか、このままなんだろうなぁという気持ちにもなってきています。


なので、考え方の一つとして不動産経営に力を入れるというのも
ありなのかなと。
メインの株は別にして、将来どうするのか長期的な目線で考えることも
必要な気がします。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

2020 東京オリンピック決定!
2020年のオリンピックが東京に決まりましたね!

これまでの流れが、前の東京オリンピックの夢よ再び!のように
感じられて、積極的に応援はしていませんでした。
これから成長をする都市に譲っていいのではと。。

当選した今、必要以上に後ろ向きな日本人の考え方を
変えるにはよいイベントなのかと思えてきています。


相変わらずというか、少しイラッと来たのは
「オリンピックをやる前に、やるべきことがあるのではないか。」

選挙の時とかもそうですし、何かその個人が嫌がるものに対して
常にやるべきことがある・・的な発言が出てくるように思えています。

やるべきことは、直列ではなく並列でできるものですし、
そのやるべきことが何かを出してない以上、優先順位として比較することができません。

テレビの市民の声?のような形で、うちの辺りでは下水が整っていない。
それを整備するのが先ではないかと。

それにしても、猪瀬さんの英語いいですよね!
確かにうまくはないですが、会話というのは伝えることが目的なはず。
仕事で英語ができないと・・というプレッシャーを感じている身としては
完璧でなくても話してよいというのは、すごく勇気が出ます。


今後の投資戦略については。。
特に変わらず。
まぁ、将来に向けて明るい材料だとは思うのですが
目先は消費税のマイナスが大きいと思うので。
プラスの流れになったら、そのあとでのるくらいのほうが
リスクが少ないように思えます。

まぁ、明日の月曜日だけを考えると
強気の株価になりそうですね。


テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

書評:中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
最近、韓国のゴタゴタニュースが多いのもあって
こんな本を読んでみました。

図書館で借りたので、もしかしたら最寄りの図書館に
置いてあるかもしれませんので要チェックを!


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
(2013/02/21)
鈴置高史

商品詳細を見る


ネットで書いてある記事をみても、
結構短絡的な視野のものが多く
もう少し背景について知りたいと思ったのが手に取った理由。

これまで、日本=韓国での関係性についてしか考えてきませんでした。

この本・・とは言いながら、まだ半分くらいしか読んでませんが。。

韓国の立ち位置を確認するには、
アメリカと中国も視野に入れるべし。


韓国は、基本的にアメリカの配下に位置していて
経済的にずいぶんと力をつけてきた。
そこで、もう少し自立するために
中国とアメリカを天秤にかけて交渉をよりよくする。

露骨にアメリカから距離を空けると、アメリカからの圧力が怖い。
主にIMFでの経験による。
そこで、日本のせいにして日米同盟のある日本が嫌だから
アメリカと交流が深めることを世論が邪魔する!

少しずつ中国と接点を深める。
バランスよく都合よく大国を相手取って力をつける。

のはずが、経済が停滞しだす。
アメリカ様も、ちょっとご立腹。
中国様も、強気の交渉へ。

って、考えると日本も結構イラってきてるし
アメリカも中国もこわーい国家だし。
これからキツクなっていくんだろうな。


さてさて、下げたら買いを続けてきましたが
ここで下げたら買いペースを少し弱めにします。
結構ポジションも落としました。

理由としては、税金が上がることで売りに出す人が増える時期、
状況だということ。
あとは、消費税が見えないってこと。

この軍資金をもって、アメリカ株に徐々に推移していくこととします。






テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

今週も下げ続け・・
ここ数週間の日経平均は、ずっと下方向が続いていますね。
いい加減戻すと思っているのですが、戻った時には悪材料・・
出来高も少ないですからね。

ということで、相変わらず下げたら買いを続けています。

このところ注目しているトリドールを200株。

あとは、前から欲しかった優待銘柄
昭和産業を買っておきました。
30万円を下回ってきたので、そろそろよい時期かと。

狙ったわけではなく、小麦粉縛りな購入になりました。

安い時にこそ買うべし!!とやっていますが、
やはり上がってくれたほうが気分が良い。

投資コストは、やはり株が安いです。
投資信託などであれば、間接コストも多いですからね。
そんな流れで日本株比率が高まって日経平均連動するのが悩みの種でした。

vix指数連動を考えるも、そううまくいかず・・
マネックス証券で、アメリカ株の手数料が大幅見直し。
最低手数料が5.25米ドル。
これくらいであれば、アメリカ株をやる意味がありそうですね。
配当税も2重で取られるようですので、そこも意識が必要ですが・・

投資環境がよりよく整備されることはいいことですね!




テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー