ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

こうへい

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大きめの調整とNISA口座
今週は、いきなり強めな調整が入りました。

出来高が少なかったこともあり、勢いもすごく少し慌ててしまいました。

日経平均を中心にポジションをすっかり減らしていたので
大変だったかたも多いかもしれませんが
私にとっては正直ありがたい調整でしたね。

日経平均自体は下げていたのにも関わらず、
保有株は先月よりも上昇。
利益確定のタイミングが正解でした。


さてさて、NISA口座で、証券業界がにぎわっているようですね。
CMもよく流れています。

投資を行っている方だったら、なんとなく気になる
CMコストを払うだけの儲けが証券会社にもたらされるのか。

証券会社側に立って考えてみると・・
投資はやったことがない、だけど興味がある人に対しての
足がかりにはなるかもしれませんね。
NISAをきっかけに、普通に証券口座を開く。
CM分の改修ができるのかどうかはわかりませんが、
なんとなく納得です。

利用者側に立って考えてみると・・
手数料無料が多いようなので、
やって損はないという感じでしょうか。

NISA口座は証券取引を活発にする呼び水のようなもの?
と、まぁ結論がきれいにまとまらずよくわからない感じです。

一時期のFXキャンペーンのように、散々口座を開いたのち
為替が大きく動いて損を出すのようなことにならなければよいのですが。


年末も近づいてきて、投資信託がらみの利益確定も考える必要が出てきました。
日本株については、少しずつ売却したりすぐ買い戻したりしているんですけど。

あとは、税金対策。
ふるさと納税とかもやりたいなと思っています。

アメリカが案外強いので、アメリカ株の投資は来年に先送りでしょうか。。


来週には11月になり、今年もあと2か月少々。
早いものですね。



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

よくわからない方向感
アメリカのデフォルトリスクが先送りで、
より明るい方向に進んでいるようですね。

まぁ、ほかにもいろんな問題があるのが事実。
為替も株価も、上下の変動幅が抑えられているようです。

今までの傾向からすると、大きな材料が入ってどちらかに大きく振れる。
下げ方向に進む考えは変わっていないので、大きな調整が入るのか。。
ポジショントークな感じもしているので、自分で考えておきながら
半信半疑ですが(*_*;

今週は、連休があったり台風が来たりで仕事の量がかなり多くなってしまい
毎日遅くまでの残業。
株のチェックや経済ニュースなど全然追えて状況です。

最近悩んでいるのが、
6248 ASB機械
の取り扱いについて。

当時は、1単元で5万円くらいの価格で推移。
製造業だし、海外展開もしていて将来性もあるだろうということで
コツコツ買付銘柄として選択。
気が付けば1部上場も果たし、20万円くらいまで上昇!!

おそらく上場して、投資信託に組み込まれてそれの買いが入っているものだと思われます。
ここまできれいな右肩上がりだと、売り時が難しい。
含み益に対して、税金が安いので今年中に売っておきたい気持ちもあり。
日経平均225に加わってもおかしくないので、
それ以降の爆上げも少し期待してしまっています。

6単元持っているので、コツコツ買っていた分
コツコツ売るのが正解なのでしょう。

購入するときは、定期的に株価チャートを眺めたりIRをチェック。
経営計画などもチェックしていますが、
購入したらチェックは、ごくたまーに。

保有株にほれ込み癖があるので、その反省をしつつ
年内は利益が出ている株のうち、何を売るのか考えておかなきゃですね。
下げているときの買い時は、わりとうまくなっていると思いますが
売り時は全然慣れず。



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

国債と消費税について
アメリカの財政の壁問題、政治家同士の争いで
少しリスクが高めでしたが、落ち着いてきたようです。

基本的には下げ目線で考えていながら、
日経平均下げたら買いのルール(通常より広め)に従い
コツコツとやっていっています。

大きめの調整待ちは、中期の方針。
下げたときに何を買うのか、準備しておかなければならないので
銘柄分析だけは進めています。
株主優待なども対象に入れていきたいですね。


さてさて、最近は国債について勉強中です。
国の借金について、なぜ増税が必要なのか。
日銀総裁の量的緩和をすることで、どのような動きになるのか。


そういうのを知りたくて買ってみた本がこちらです。



国の借金がーー破たんだーーという悲観論の本も信頼できないし
国の借金=国民の資産だから問題ないという本も信頼できないと
常々思っていたので、この本はとても良書だと思います。

金利を2%上げるということがどういうことか。
既存の国債を買っている銀行がどのように対策をするのか
それにあわせた国の対応は。

すでに発行して銀行などが購入している国債が1%以下。
インフレで2%目標にすると、当時買った1%のものが
相対的に損になるので、かなりの数売却されてしまう。
それを誰が買い支えるのか。
などなど

もう少し分かりやすく説明したいものなのですが、
何しろ私自身理解ができておらず・・
あ、ちなみにこの本は中級者以上の方推奨です。
ある程度以上の知識がないと、無駄になってしまうかもしれません。

と、まぁこういう方向感が見えない時にはお勉強時間に充てたいと思います。

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

悪材料が多い割には
日経平均、案外強いですね。
アメリカも。。

アメリカは、17年ぶりに政府期間閉鎖。
のわりには、強いような気がします。
QE3の量的緩和縮小をどうするかなど、課題も多いですし。

日本では、消費税増税が決まりました。
貯蓄ゼロ世帯は約30%。
将来に対する不安も多いので、全体としては株価も上がる可能性が低いでしょう。
低減税率がなくなって、株の売却を行い買い直しをしない人も多いのかと思っています。

そうなると、株価を上げる材料としては少なさそうですね。

感覚的には、大幅な調整(現時点で13500円程度、将来的に12000円まで)が
行われると思うんですけどね。

とりあえず、個別の売買はゼロ。
下げ調整がそれなりだったので、今までのルールよりは深めですが
日経平均を少しだけ購入しました。

気持ちが入らないからか、会社四季報も1/4も見ていない状況で止まっています。(+_+)
まぁー色々と仕事が忙しかったりで、余裕がないからではあるんですが。

気持ち的には、かなりゆっくりしています。
下げたときに買いたいものを準備しておかなければいけないので、
そこは必要ですね。

いつになく大きな下げ(日経平均で‐3000円程度)は、
起こる可能性はあるものと想定して、心とポートフォリオ的準備は進めていきます。

アメリカ株に手を出すのは、派手なショックが落ち着いてからでしょうねーー



テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー