ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

こうへい

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

株価の乱高下に体調の乱高下
このところ、体調が悪くて寝込む日が続いていました。
ノロウィルスにやられたのかと思い、病院に行きましたが
単なる風邪とのこと・・

ようやく回復しつつありますが、
体調が弱まっているときは一人でいることに不安になってしまいます・・

体調を崩して休んでしまう、突然リストラされてしまうってことを考えると
株価が下がることなんて大したことがないこと。
やっぱり健康が一番です!

先物は、今回の株価上昇ですべて利確。
方針には変更なく、株価が上げたところに売りをのせていきたいと思います。

金曜日の日銀の政策で、マイナス金利が導入されました。
理屈の上では、マイナス金利だからと言って貸出が増えるとは思えません。
ただ、心理的にマイナスは嫌なものですから。
多少でも何等か、市場にお金が回るような効果があるといいですね。


そして、政治と金。
またか!というのではなく、そもそも制度自体が複雑なのではないかとか
考える必要ってないんですかね?
今は地方でちょっとした冗談を言ったつもりが失言で攻められたり
お金の問題については、自分ですべてチェックするような時間的余裕があるものなのか。

結局のところ、目立った能力もないが失敗もしない
何もできない政治家が増えていくように思えてなりません。
それこそ、官僚の思うままに喋るのが政治家の役割になりそうな・・


いったんの戻り
ここ最近の日経平均は酷かったですね。

一年間の含み益がぶっ飛ぶくらいで、さすがに落ち込みました。
とは言いながら、各銀行に置いておいた余剰資金を証券会社に移動。
新生銀行の2週間定期の解約申し込みを行いました。

あとは、小松製作所、安川電機を下げたところで何度か購入。
日経平均先物も16500円を割れたあたりで実施し始めて、
約1000円の利幅(10万円程度)の利確を行いました。
一本はまだ保有中です。

下げの勢いも酷かったですが、戻りの勢いもまた・・
今までだったら、4千円近く下げていたら○○ショックと名が付けられそうなものが
今回は名前もなく。

そして、ECBの追加緩和、日銀の追加緩和を期待しての戻りというようなニュースもありました。
追加緩和はサプライズであるはずが、督促相場になっているのが気になるところです。
下げたところで買った分を保持して戻るのを待ちたい気持ちもありますが
より含み益を増やしたい気持ちよりも、下げたときのリスクの方が高いように思いました。

ということで、戻った分を売りながらさらなる下げに備えておきたいと思います。



いつもとは違う下げ方
年初より、株価の急落が続いています。

チャートを眺めていていつもと違うのは、
株価が戻したところに売りをぶつけていること。

今までの下げは、売り方ポジションを持った人が
勢いで叩き潰すように下げてきていたんですよね。

今回のは、戻したところで売りに入る感じで
下げの速度が遅いんですよね。

オイルマネーの資金が出ていったという流れがすごく理解できる状況です。
景気の先行き指標も軒並みって言っていいくらい悪いのが続いています。
ジワジワの下げが続いて、戻るときは同じ位置にすぐ戻す可能性は低いような・・

とはいえ、底がはっきりとわかるわけではないので
ある程度のレンジでこつこつ拾っておくくらいしかないかなって思います。

金曜日の深夜、アメリカも大きく下げていているので
月曜日も期待できなさそうです。

悲観的になったところで意味がないので、前向きにやっていきます。
銘柄にするか、成長株にするか・・悩ましいところですね(^^)

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資家の皆様、元気ですか?
株価の急落が激しいですね。
個人投資家の皆さん、元気でやっていますか?
最近、NISAなどで取引を始めた方には
二度と手を出したくなるような状況かもしれません・・

私の投資の師匠は、去年のうちに現金化しているという話を聞き
さすがだなと改めて思いました。

キャッシュポジションが多めなのもあって、
底が見えませんが買い向かいたいと思います。

上にも下にも派手に動き回っているので、
そのうち収束するでしょう。

損が膨らむのは怖いことですが、ある程度怖い思いをしないと収益につながらないのも事実。
専業トレーダーでなければ、買って上がるまで待てばいいだけのこと。
厳しい相場ですが、春が来るまでゆっくり待ちましょう。

低めの指値に小松製作所、森精機が刺さりました。
日本精工は、あと一歩刺さらず。
安川電機は、もう一段下げたところに指値を入れています。

もっと下げたら、
日東電工
アリアケジャパン
等にも手を出したいですね。

日経平均1万円にも届かなかったころ・・
損を出しまくりながら
給料が出るたびに買いまくっていたころを思い出しました。

上げ相場も楽しいですが、
下げ相場で何を買おうか悩んでいるのもなかなか楽しいものです。


新年早々の急落
年明け早々、株価が下がり続けています。

一番の原因としては、中国関連の経済悪化なのでしょうね。
今年から中国もサーキットブレーカーを使用するようになったそうで。

サーキットブレーカーとは、先物の株価が一定以上の変動が起きたときに
売買を停止するような措置のようです。
中国の場合は、7%くらいでしたね。

リーマンショックのころは、開始早々日経平均が1000円安になって
サーキットブレーカーが発動されていた記憶があります。

そして、新しいFRB議長とか新しい制度ができたときには
対応を確認するためなのか急落するような事態に遭遇することが多いです。

地政学的リスクモロモロ混在していますが、
個人的には、戻りが早いんじゃないかなと思ってます。

ただし、悪材料が盛りだくさんなので
今の急落は、どこかで一気に戻って20000円手前まで戻して
そしてジワジワの下げ。

こんなシナリオを考えています。

今週は、安川電機100株購入!
あとは、金曜日の夜の下げで日経平均先物が刺さりました。

底が見えないので、怖い気持ちもありますが
全体が下げ続けるわけもないので。
下げが早い分、戻りも早いものなので。
前向きに下げたところを拾っていきたいと思います。



長い目線で見た投資戦略
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

投資手法は色々ありますが、私は超長期投資(買ったら持ちっぱなし 含:株主優待)と
中期トレード(相場の波で急落時には日経平均のようなIndex買って、上げたら売る)
この二点を主軸に置いて投資することを考えています。



超長期投資で気になるテーマとしては、自動運転。
自動車とかの自動運転が、世の中を変える技術に発展すると考えています。

最近、車好きって人が減っているように思うんですよね。
コストを考えると軽自動車の方がいいから、軽が売れているようですし。

自動運転の技術が一般的に確立すれば、車の保有率が増える!
というわけでもないと思います。
なぜなら、車を毎日利用しない人だと勿体ないですからね。
今でも増えているシェアリングが一気に増えると思います。

自動運転ってことは、どこかの駐車場に置いてあるものを
ボタン一つで、GPSを頼りに車が指定した場所にきてくれる。
そうなると、利用する人は一気に増えるでしょうね。

自動運転同士の場合の方が事故率は減少するでしょう。
多分、自動車保険も自動運転以外は保険料が高くなるとかありそうです。
自動運転が一定以上になると、喫煙者のような邪魔者扱い&増税ラッシュが続くものと想像します。

宅配便なども、軽いものについては自動化が進むと考えます。
自動運転からのドローンで庭先やベランダなどの各自指定した場所へ。
ドローンの充電や外部との情報のやり取りが必要なので、電気自動車、大量の蓄電池は必要になるでしょう。
wifiが至る所に飛ぶようになって、無料または格安になるのではと考えます。
設置メンテナンスをするような会社にはメリットがあるかもしれません。

成長する企業としては
・制御系の仕組で村田製作所とか気になります。
・蓄電池などのエネルギー関連
→リチウムイオン電池でしょうか?パナソニックや、トヨタ、日産などから参入する可能性もありそうです。
・情報システム関連
→メインはアメリカから参入するような気がします。

今からだと手を出しづらいですが、
監視カメラなどに強い、あい ホールディングスとかは買っておけば良かったなと思います。
自動化の流れには必要なものですからね。
撮られる側の人も、監視される不愉快さと安心安全を天秤にかけると安心安全を取りたいという
流れに変わってきていますから。


今までの流れを一切無視していますが、
小松製作所と安川電機。
この二つの会社は、個人的に惹かれるものがあるので
下げたところは買い支えるくらいの気持ちで買いたいと思います。