ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

こうへい

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本株、手数料改革
地政学リスクにより、日経平均が大きく下げてきましたね。

下げる前にちょうど利確したのと、下落中にも利確を行いました。
まだまだ買うには高いと思っているので、
相変わらずの現金化を中心に考えています。

株主優待などで追加購入したい以外は
なんとかショックがでたら買うって感じですね。

日本株の手数料について、改革があったみたいですね!
楽天証券から、10万円以下の取引なら手数料ゼロとの案内がありました。
※9月1日より

サイトを見ていたら、SBI証券の10万円以下もゼロと表記されいて
間違い?と思って確認してみたところ、SBIも同様でした。

松井証券が10万円以下手数料ゼロを実施していて、
それぞれ分けて利用している方も多いのではないでしょうか。

となると、松井証券の影響はとにかく大きいものと思われます。
まぁ、各証券会社も手数料収入が減る一方なので、証券会社としては
辛い状況が続きますね。

手数料を低く設定して、若者を取り込むらしいですが
どうなるのでしょうか。

最近、投資信託でAIを使ったものが多く出てきています。
そこでは、なかなかの手数料をもっていっているようなので
間口を広くして、適切に収益を上げているのかもですが。


夏休みボケなのか、まだ体がまともになっていないようです。
疲れやすいというか、たくさん寝ても眠いというか・・
夏バテなのか老化現象というものなのかわかりませんが、
早く復帰しないと仕事に支障がでてきます。

みなさまも、体調管理にはくれぐれも気をつけてください。

お盆休みは一足先に終了!
大抵の社会人の方は、明日から連休が多いんでしょうか?
これからお休みの方々は、楽しい休みを過ごしてください。

私は、先週夏季休暇で明日から仕事です。。

花火を見に行ったり、実家に戻ってダラダラしたり
それなりに有意義な一週間を過ごしました。

株価のチェックなども全くでしたが、なかなかの急落をしていますね。
このところ、よこよこが続いていたので久々の変動です。

地政学リスクによるものなので、一カ月くらいで、なんらかの変化が
あるのかなぁとなんとなくめどを立てています。

地政学リスクの影響範囲なんて、読めるようなものではないので
一部利確。基本的には現状維持。

キャッシュポジションは十分あるので、絶望的なニュースがあったときに
追加資金をドンドンだして買いまくろうかと思います。

消費税増税・・
消費税増税、今回は延期なく実施されるんでしょうかねぇ。

経済成長を優先させるのか、財政の健全化を進めるのか。
高齢者に優しい社会なのか、少子化対策をするのか。

どちらっていうのは決められないかもですが、大きな方針が決まらないと
なんとも不安です。

貯蓄が積み上がって、経済が回らない理由の大きいところが
その辺りなのかなぁと思ってしまいますが、どうなんでしょうか。

消費税10%となると、計算が楽な分だけ消費が冷え込むことが明らかです。
金融緩和も出口戦略が気になるところ。
経済の派手な冷え込みに注意ですね。
日経平均でいうと15000円くらいまで落ちることを覚悟しながら
ポジションを減らしたいと思います。

経産相「車産業は曲がり角」 トヨタ・マツダ資本提携

ちょっと気になるニュースとしては、自動車産業の今後について。
自動運転となるのは、ほぼ確定ですよね。
そうなったときに、大きな方向性として
タクシーのようにシェアが当然の世の中になる
または
自転車のように個人の乗り物となる
のどっちかかなと思います。

乗り物として楽しむ人は残るにしても、
シェアが当然となると、車の売れ行きは減少するでしょう。
個人の乗り物としてとなると、やはり中国の台頭が気になります。
スマホでいうなら、中国メーカーの方がコストに見合っている品質のような気がします。

世界的に株価が上げ続けて、大きな調整が入っていないのも
危ない気がしていますので。
相変わらず要警戒、株価下落に備える形でキャッシュポジション多めで挑みたいと思います。