FC2ブログ
ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

こうへい

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今年も一年お疲れ様でした
いつかは下がると言われていた株価でしたが、一気に下落しましたね。

私の保有株の中で、中国関連といわれるものが多く
日経平均以上に影響を受けた形となります・・

リスクもある程度許容していたのでよいのですが、
ロボトレーダーが増える昨今、上にも下にも行き過ぎる傾向があります。
なので、今までよりも保有ポジションを1~2割くらい減らそうかと・・

今年の年間収益は、余剰資金も含めた投資総資産に対して
1割減でした。
キャッシュポジションが多めだったことを考えると、影響は大きいですが
やむ負えないですね。

2019年は、地政学リスクなどが顕在化されることが懸念されます。
消費税増税もありますからね。。

今までのような右肩上がりは現実的に難しいと思うので、
レンジ相場で少しずつ利益を積み重ねる戦略で。
優待銘柄を増やしたいですねー

今年増やした優待銘柄は、
エステー、新田ゼラチン、三井製糖です。

優待銘柄や高配当銘柄を含めつつ、
いつもどおりコツコツ投資を行っていきたいと思います。

今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



少しずつ買い増し
日経平均が叩かれまくってますね。

なんともひどい感じです。

私のポートフォリオは、中国関連の輸出株が多いのもあって
日経平均以上の痛みがありました。。

とはいえ・・
冷静に見てみると、PERが10倍以下、PBRが1倍以下の銘柄もちらほら出てきていて
バーゲンセールくらいの株価にもなってきています。

サブプライム、リーマンショックの頃の、買えば買っただけマイナスみたいな
相場を経験している身からすると、そろそろ買いに行きたい気持ちになってきました。

なんとなくですが、大暴落するには今のズルズル下げから落ちるのはなさそうなんですよね。
大抵の場合は、一旦反発して半値くらい戻しての再急落。

ということで、下落が激しい(かつ私の好きな)機械株を中心に銘柄を整理しているところです。
明日くらいには少しずつ買い向かいたいと思ってます。

余剰資金の2割がいいところでしょうけど。
今が底かどうかなんてわかりませんが、株価的にはお買い得なのは確かです。
なかなか株価が戻らなくても、配当をもらって耐えていればいいわけですし。

辛い相場が相変わらず続いてますが、上昇までしっかりホールドしておきましょう。

厳しい相場が続いてます
上値を叩かれる相場が続きますね。。

まずは、アメリカと中国の貿易戦争。
ファーウェイの幹部逮捕、仕返ししていたり
泥沼な感じがしてきています。

ファーウェイのスマホ、日本でもかなり売れていますが
今後どうなるんですかね??
5Gになったときに、中国メーカーにシェア独占されないために
とりあえず人気のファーウェイをつぶそうと
言いがかり的に言ってきたものなのか・・
真相は分かりませんが。

イギリスはユーロ離脱で、フランスも燃えていますね。

日本は、消費税増税・・

下げる理由は、とてもよくわかります。
とはいえ、経済がそこまで下向きにならないなら
株価的にお買い得な銘柄も結構多くなってきています。


急いで買っても資金がなくなると眺めているだけになってしまうので・・
半年くらいは、若干のポートフォリオの見直しをする程度で基本様子見。

がっつり下げそうな気もするので、先物も基本は様子見で。。

そこから、徐々に買い向かうことにします。
損失覚悟で買い向かうのは勇気がいりますが、
老後に必要な時に、大きな利益を出してくれてば良いわけですから。

余剰資金がゼロで指をくわえて待つようなことにならないように、
資金配分だけは常に考えたいと思います!!

辛い相場が続きますが、気を落とさずにコツコツ拾っていきましょう。
リーマンショックの時の、下落に買い向かうときよりも思いっきり気楽です。