ゆっくり目指せ幸せな億万長者!
投資歴は、7年ほど。まだまだ勉強中。。 インデックス投資をしつつ、FXでも利益を上げようと 日々勉強をしています。最近は、日本の現物株に偏り気味。仲間も募集中。。
プロフィール

こうへい

Author:こうへい
FC2ブログへようこそ!


IT業界で働く、そろそろアラフォーが見えてきた 独身一人暮らし。
本格的に投資を始めたのは、2005年。
目標:60才までには一億円に到達!!
ドルコストのインデックス投資をベースとして 先進国、新興国に幅広く投資。
また、FXや不動産など幅広くチャレンジしていきたいです。

リンクは自由です。
相互リンク希望の場合は、メッセージやコメントをお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カウンター

RSSフィード

フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めの一冊
これまでの投資関連の本は、長期投資や
ストレスをためない投資の仕方等が中心でした。


今回は、少し趣を変えて・・
後ろから(死を迎える段階)から遡って、現状何をすべきかを
考えるような本を探していて、ちょうどいい本を見つけたので、
それを読んでいます。

その本は、こちら・・

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた
(2009/05/25)
大津 秀一

商品詳細を見る


<本の内容>
ほとんどの人は死を前にすると後悔するという?? 
 
では、人生の最期を前に、どのようなことに後悔するのか。
本書は、終末期医療の専門家である著者が、
千人を越す患者たちの吐露した「やり残したこと」を25に集約して紹介。
 
「健康を大切にしなかったこと」
「他人にやさしくしなかったこと」
「故郷に帰らなかったこと」
「会いたい人に会っておかなかったこと」
 
など、儚くも、切ない思いが行間から滲み出てくるようで胸が締め付けられる。
 
例外なく、死はすべての人に訪れる。
だからこそ、1人でも多くの人に後悔の少ない人生を送ってほしい。
心の苦痛を訴える末期患者と、正面から向き合ってきた著者が
綴った切実なメッセージが心に響く1冊である。
<ここまで>

エチカの鏡という番組でも取り上げられていたらしく、少し気にはなっていました。
投資の役に立つかのかというと、全く。

ただ、すごく考えさせられていい本でした。
ほんとうに大切なものは何なのか。
元気があるうちにやっておかないといけないこと。

綺麗事だけじゃない、実際の体験談なだけにザックリと
心の奥に突き刺さります。

親との関係
結婚
子ども

物事の本質というか、いざという時にどういう想いが湧くのか・・

この本を電車で読んでいたら、よくわからない涙が溢れだしそうになり
かなり焦りました^_^;
家でじっくり読むのをお薦めします。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

これは気になる本ですね!図書館で探してみます(^^)
私の好きな本でも、「今、未来に投げかけている」って書いてあって、何かしなきゃ!未来のために今何かしないと!ってすごく思った覚えがあります。
終わりがある命だから今がいとおしいんですよね。
実は最近株よりも人生について考える機会が多かったので、ステキな本を紹介していただいてヨカッタです♪エヘヘ
[2010/07/13 22:41] URL | izumi #- [ 編集 ]


後悔の無い人生を送る。
当然と言えば当然ですが、今の時代、自分に嘘をついて生きてる人も多いですね。
特に若い人に見られますが、さも人生分かったかのように生きてますが
後で気がついても遅いんですよね。まあ後悔するのが人間と言ってしまえばそれまでですが・・・・。
[2010/07/14 03:44] URL | どらねこかぶ #- [ 編集 ]


>izumiさん

かなり人気がある本なので、図書館予約ができるなら、
やっておいた方がいいですよ(^^)
株は株で大切ですが、そもそも人生ありきですからね。
私も今をどう過ごすべきか、色々と悩んでいたのでこの本が気になったと思います。
紹介した甲斐がありました!
[2010/07/14 12:42] URL | こうへい #- [ 編集 ]


>どらねこかぶさん

今の時代、自分に正直に生きるのもなかなか生きづらい環境なのかもしれません^_^;
核家族化が進んで、年配の話を聞く機会もめっきり減っていますから。
こういう本を大切にして、後悔しない生き方をしたいと思えてきます。
それだけ対策をしても、何かしらの後悔はあるでしょうけど(^^)
[2010/07/14 12:46] URL | こうへい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fxtoushika.blog27.fc2.com/tb.php/251-a04918fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)